新着情報

交際費課税の特例措置の見直し(法人税・法人住民税・事業税)

法人が支出した交際費等(※)は租税特別措置法により損金不算入とされている。
※交際費等の範囲から一人当たり5000円以下の飲食費等は除かれる。すなわち、一人当たり5000円以下の飲食費等は損金算入できる。
○他方で、中小法人については、大法人と比べて販売促進手段が限られており、交際費等は中小法人の事業活動に不可欠な経費であるとともに、飲食のための支出は、消費の拡大を通じた経済の活性化を図ることが可能である。
○そのため、中小法人について、
①定額控除限度額(800万円)までの交際費の損金算入
②支出した飲食費の50%を損金算入
の選択適用を可能とする措置を2年間講ずる。(②については、大法人も利用可能)

(中小企業庁ホームページ)

2014年 6月 11日

無料相談・資料請求

eメールでお問い合わせ

一覧はこちら

2017年 11月 15日
納税表彰式
2017年 11月 13日
みたらし団子とぼた餅
2017年 11月 3日
近税正風会総会
2017年 11月 1日
平成29年11月の税務ニュース
2017年 10月 23日
宿泊税
2017年 10月 18日
ホームページ更新委員会活動録(⌒∇⌒)
2017年 10月 11日
研修旅行
2017年 10月 11日
葛飾北斎
2017年 10月 10日
鷲が峰コスモパーク
2017年 10月 1日
平成29年10月の税務ニュース

対応サービス

対応地域

和歌山県内全域
和歌山市・海南市・紀の川市・岩出市
大阪府
阪南市・岬町
上記以外にもご要望があればお伺いしております。

メルマガ登録

Q-tax

PAGE TOP